メインメニュー

開発から生産までの流れ

生産準備

“人にやさしいラインづくり”のために。

人間性を尊重した“人にやさしい工場・生産ラインづくり”をたえず追求。「人にやさしい工程づくり」「人が主役の道具づくり」「変動へのスピーディな対応」の3テーマのもと、コストも考慮に入れるなど多面的な視点で生産ラインの改善を推進。人間性と生産効率を同時に実現するTPS(Toyota Production System)を積極的に進めています。

人にやさしい工程づくり

人にやさしい工程づくり

重いものを持たなくても良いようにしたり、負担のかからない作業姿勢を検討するなど、人が仕事しやすく、しかも確実に作業に取り組める工程づくりを徹底的に追求しています。

人が主役の道具づくり

人が主役の道具づくり

万が一、人が操作を誤っても安全や品質が確保できるFP(Fool Proof)装置や組立順序に従った部品供給システム(順建て)を生産ラインの随所に導入。現場の知恵を生かし、自らの工夫による改善も積極的に進めています。

変動へのスピーディな対応

変動へのスピーディな対応

生産ラインの膨大な情報を瞬時に処理できるよう「作業編成支援システム」を導入。生産台数が変動した場合も、タイムリーな調整、対応を実現しています。