メインメニュー

環境への取り組み

環境トピックス

富士松工場で緊急時対応訓練を実施 2008.10.29
 トヨタ車体では、環境事故等のいろいろな緊急事態を想定した対応訓練を、毎年各工場で実施しています。
10月29日、富士松工場正門において、タンクローリー車の事故により、地域の道路側溝に油が流出したという想定での緊急時対応訓練を実施しました。当日は、地域の役員の方々が見守る中、訓練に参加した39名は本番さながらの真剣な訓練となりました。

なお、このような訓練は吉原工場では9月に実施、また、いなべ工場では11月下旬に実施予定です。
【発生源での流出防止処置】 【吹戸池入口での拡散防止と油回収】
一覧に戻る