メインメニュー

環境への取り組み

環境トピックス

富士松工場で緊急時対応訓練を実施 2009.10.21
 トヨタ車体では、各工場で毎年、汚水漏洩などの緊急事態を想定した対応訓練を実施しております。

10月21日、富士松工場において、地域住民の方々が見守る中、「工場通用門でトラック荷台から 廃油ドラム缶が落下し、側溝へ流出」という想定のもと、「拡散防止」「漏洩した廃油(ダミー)の回収 作業」を手順書に基づき、本番さながらに実施いたしました。 各部署では今回の訓練結果を踏まえて必要備品の整備、手順書の見直し等万一に備えた対応を図って いきます。

【事故発生場所での拡散防止の様子】 【漏洩した廃油改修訓練の様子】
一覧に戻る