メインメニュー

環境への取り組み

環境トピックス

いなべ工場でISO14001更新審査 2009.10.26
【生産現場での運用状況審査の様子】
10月6日から延べ3日間、いなべ工場でISO14001更新審査が行われました。 この審査は、いなべ工場の環境マネジメントシステムが継続的に維持・改善され、事務局を含む各部での運用が適切に実行されているかを、ISO14001認証取得後3年毎に行われるもので、いなべ工場では1997年11月に認証を取得してから今回が4回目の更新審査となります。

いなべ工場の全職場を審査対象として、ISO14001の国際規格要求事項に基づいて「文書管理」、「現場での運用管理」など、環境マネジメントシステムの運用状況をきめ細かく審査され、最終日のクロージングミーティングでは審査員側((財)日本自動車研究所審査登録センター:JARI-RB)より『環境マネジメントシステム全体として規格に適合している、登録更新に問題なし』とのコメントを頂きました。 なお、不適合ではないが、4件の観察事項(改善要望事項)があり、今後、環境部門を中心に改善を検討し、レベルアップを図っていく予定です。 
一覧に戻る