メインメニュー

ニュースリリース

2007.05.29

当社社員が黄綬褒章を受章

  トヨタ車体株式会社(本社:愛知県刈谷市 取締役社長:水嶋敏夫)の社員が、黄綬褒章を受章しました。

   
【受章者】 神谷 正巳(かみや まさみ)
グローバル生産支援センター技能育成室CX(チーフエキスパート)
【勤務地】 本社・富士松工場(愛知県刈谷市一里山町金山100番地)
【略歴】 昭和37年4月1日 入社(技能者養成所)
  昭和61年12月 複合技能士(愛知県)
  平成11年11月 愛知県優秀技能者知事表彰「愛知の名工」(愛知県)
  平成17年11月 卓越した技能者の表彰「現代の名工」(厚生労働省)
【主な功績】    
(1) 自動車板金技能
  国家技能検定 工場板金の曲げと打ち出しの2部門を取得するとともに、複合技能士認定も受け、平成11年に「愛知県優秀技能者表彰」を受章。平成17年にはボデー外板の面品評価技能(触手・目視評価)が評価され、「卓越した技能者の表彰」を受章。その技能を活かして「お客様の要求に応える品質向上」に貢献している。
(2) 後進の指導育成
 

国家技能検定及び、自動車ボデー組付け業務で習得した知識と技能を活かし、後進の育成に並々ならぬ情熱を抱く。社内技能検定制度の導入立上げのため、推進責任者として県への技能評価認定制度の認定申請に尽力するとともに、国家技能検定検定委員、愛知県青少年技能顕彰、社内技能コンクールなどの推進委員として若者への技能の伝承と育成に大きく貢献している。

(3)技能者の模範
 

昭和56年、自ら進んで受講した社会通信教育(フォアマンコース)において、極めて優秀な成績を修め、その成果が認められ昭和58年文部大臣表彰の受賞に至り、後進の挑戦意欲への励みとなっている。

以上