メインメニュー

ニュースリリース

2006.09.25

「第33回 国際福祉機器展」に住宅・生活関連機器3点を出展

  トヨタ車体株式会社(刈谷市一里山町 水嶋敏夫社長)は、9月27日(水)から29日(金)の日程で、東京国際展示場(通称:東京ビッグサイト・江東区有明)で開催される国内最大規模の福祉展示会「第33回 国際福祉機器展」※トヨタグループATOLIS(アトリス)に住宅・生活関連機器3点を出展いたします。
  当社は、高齢化や福祉社会の進展により、年々高まる快適で安全な住環境や移動に対するニーズにお応えするため、車づくりを通して培った技術、ノウハウを活かし、安全、安心、健康、快適をテーマに積極的に取り組みを行ってまいります。出展品の内容は以下の通りです。

 

1.出展品

 

出展品

概 要

@リニアドア
(業務用内装)

リニアモータを採用した室内用自動ドア
  【主な特徴】
  1.開閉は静かでスムーズ
  2.停電時の開閉が可能
  3.メンテナンスも容易

A電動式段差解消機
(お出かけスムーズ)

室内と外との段差を電動で解消
  【主な特徴】
  1.操作が簡単
  2.転落、足はさみを防止
  3.電源は家庭用電源コンセントでOK

B電動カー
(エブリデー)

免許不要、簡単操作の電動カー
  【主な特徴】
  1.安心・安全を重視した工夫がいっぱい
  2.乗り降りしやすい回転シート
  3.家庭用電源コンセントに差し込むだけの簡単充電
 
2.出展ブース
 

※東6ホールNo.6−053:トヨタグループATOLIS(アトリス)による合同出展