先輩の声

【技術】生産技術部門

トヨタ車体で働く先輩たちのご紹介。

【技術】生産技術部門

理工学部 機械工学科専攻卒  2009年入社
車両生技部 マウントサブグループ
トヨタ車体を選んだ理由は?
自動車は人や物を運ぶことで生活や社会の活動をより高めることの出来るような存在だと考えています。特にまだ十分に道路や交通機関などインフラが整備されていない地域や、整備することが困難な地域においては、自動車の存在はより一層重要になると考えます。
そうした地域の活動においては、ハイエースのように多くの人や物を運べる車両や、ランドクルーザーのように走破性の高い車は、必要不可欠な存在だと考えています。
だからこそ、そのような車両の製造に携わることで、人の生活や社会活動の発展に貢献したいと思ったからです。
現在の仕事と今後の目標は?
車両の組立をしている工場で用いる生産設備の調達をしています。特に、足回り部品を組立てるラインを担当しています。
お客様に安心と喜びを提供するのは大前提として、その上で安全で合理的、かつ製造現場に喜んでもらえるような生産ラインの構築と設備の調達をしていきたいです。
特に、トヨタ車体で製造している自動車は、比較的サイズが大きな車種が多いです。そうした特殊性を踏まえ常識にとらわれずトヨタ車体ならではの自動車作りを追求していきたいです。
仕事のやりがい、喜びは?
製造現場から「ありがとう」という言葉を頂いた時です。
設備を製造現場に入れて生産を開始し始めると、どうしても全てが上手くいく訳ではなくエラーが発生することが多々あります。そうした問題に対して、粘り強く現象を解析し・真因を突き止め・問題を解決出来た時に、製造現場の方から労いの言葉を頂いた時喜びを感じます。
メッセージをお願いします
自動車は、ひとつ間違うと人の生死にも関わる仕事です。その分責任が重く、技術的にも難しいことやタフな業務も多く有ります。
一方で、自動車は人に喜びや感動を与え、自動車を使うことで、そして自動車を作ること自体が地域や社会の活動を豊かに出来るモノだと思います。
もし、あなたがトヨタ車体という会社を観察した結果、どきどきしたりわくわくしたり、燃えるようなものを少しでも感じるようでしたら是非チャレンジして下さい。
この会社には尊敬出来る上司や先輩そして仲間がいます。
皆で、人を幸せに・社会に貢献出来るようなモノ作りをしましょう。

< 先輩の声 一覧へ戻る

工学部 情報工学科専攻卒  2011年入社
プレス化成生技部 設備技術グループ
トヨタ車体を選んだ理由は?
EV車・燃料電池車の発達や、若者の車離れ、カーシェアリングなど製造する側、利用する側共に自動車との関わり方が大きく変化し始めていると思います。
解決すべき様々な問題があると思いますが、私は製造する側としてこの変化に携わっていきたいと考えていました。
トヨタ車体では車両企画・開発から生産までを担っており、海外関連会社もあります。
このような大きなフィールドがあることが魅力でした。
現在の仕事と今後の目標は?
バンパー等の樹脂成形部品を製造する汎用設備の改造・新規導入を担当しています。
作業者の方が安全・快適に使用でき、部品の生産台数調整や新車種による工程編成にも対応できる汎用性の高い設備を導入することが私の役目です。
今後はプロジェクト初期段階から発生するであろう問題の対策案を設備仕様に織込み、製作費用・製作日数のムダがないスムーズな導入ができるよう力をつけたいです。
仕事のやりがい、喜びは?
仕様検討から担当した設備が導入され、作業者の方から「以前より使いやすくなった」、「いいレイアウトだ」と言って頂けた時はうれしく思います。
また昨年にアメリカの子会社に工程整備担当として行かせて頂きました。入社2年目で微力な私ですが、現地スタッフの方と協力して仕事をすることでトヨタ車体での働き方・独自の文化についていつもとは違った角度から考えることできたのは大きな収穫でした。
若手にもこのような機会を与えてくれるのはこの会社の良いところだと思います。
メッセージをお願いします
学生生活を通して何をしている時に面白さ・やりがいを感じたか、その理由を自分の中で一度整理してみて欲しいです。そこで見つかったものと会社の業務内容に共通点が多くあるほど、いきいきと働けると思うからです。世間体や知名度ではなく是非この点を重視して納得のいく会社を選んでください。
それがトヨタ車体であればとてもうれしいです。

< 先輩の声 一覧へ戻る

工学部 構造工学科専攻卒  2011年入社
ボデー生技部 初期検討グループ
トヨタ車体を選んだ理由は?
何よりも世界一有名な日本車「TOYOTA」の自動車造りに携わりたく、その中でも自分の好きなランドクルーザーを造っている会社だったため希望していました。就職活動当時は、いろいろ理由を付けていましたが、正直その気持ち一本でした。
現在の仕事と今後の目標は?
次期プロジェクトの図面をもとに、実際に工場で造れるモノになっているか検討し、更にトヨタ車の強みである品質の良い車を作れるように、設備や部品を造り込む仕事を行います。
将来世の中に出回る車に自分の考えた構造が採用されるため、誇りと喜びがある仕事です。
今は国内での仕事がメインですが、将来は海外での工場立ち上げに携わりたいと思っています。
仕事のやりがい、喜びは?
自分が考えた構造が図面になり、製品になっていくことにやりがいを感じます。
また、それが世の中を走ります。
自分が携わった車を街中で見たとき必ず誇りと喜びを感じると思います。
メッセージをお願いします
「好きこそものの上手なれ」
何であれ、まず好きなことを仕事にしてもらいたいと思います。
それが何よりも成長できると思うからです。
その中でも車が好きならば、それに関わってください。
ハイエース、ランクル、ノア/ヴォクシー、アルファード/ヴェルファイア etc
あなたが憧れる車、好きな車がトヨタ車体にあるのであれば、候補に入れてください。
その好きな気持ちが大事です。

< 先輩の声 一覧へ戻る

ページ上部へ戻る