ダカールラリー2008体験レポート 第3号

第14号 2007.12.27

第3号 TROUBLE IN PARIS CITY

2007年12月27日(木) フランス・パリより

こんにちは。みなさん、クリスマスは楽しく過ごせましたか?そうじゃなかった方は年明けからのダカールを楽しみに過ごすといいことがありますよ!

どんな仕事でもトラブルは付き物です。TLCも例外ではありません。今回はそんな身近に起こったトラブルを要人をお招きして私だから知りえた貴重な証言をまじえて皆さんにお届けします!

 

1.UAEはそんなに遠い?

先回皆さんにレポートした通り、メカニックはダカール用の車両準備を着々と進めてます。何台かラリー車はあるのですが、取り付けるパーツは使いまわしの物も少なくありません。今回も先日出場した”UAEデザートチャレンジ2007”で搭載したパーツを流用する計画でした。

 

当初は…

私たちが到着した日にはUAEから車両が到着することになっていました。到着した足でTMCフランスに行くと「今日は届かない」とチーフメカのフィフィに言われました。通関は済んでいて、パリにコンテナは到着してるのは確認済みとのことでした。

まあ一日ぐらいはしゃあないか。と楽観視してました。…火曜日

 

ところが・・・

 

次の日にフィフィに聞くと「連絡が取れなくなった。今日も来ない。」…水曜日

次の日は「いまだ連絡取れない。今日もだめー!」…木曜日

さすがにあせって来ました。このままだと今から部品の手配も厳しいし。(部品調達が前職の私もお手上げ!)

足りない機材をチェックする三浦NV、三橋DR
足りない機材をチェックする三浦NV、三橋DR
届かない車両に焦りを隠せないフィフィ(中央)、黒澤メカ(後方)
届かない車両に焦りを隠せないフィフィ(中央)、黒澤メカ(後方)

金曜日。朗報が!!「今日の夕方に到着する。」と連絡が。(3日間何しとったちゅーねん!!)この時点で取り付けチームは休日のはずだった土曜日に出てきて作業をすることが確定。

 

しかし!

 

16時、17時。待てども車は来ません。今回は本当に来ないと大変なことになるぞ!と思って仕方なく退散。失意のどん底で土曜日に工場に行ってみると見慣れないコンテナがどーん!なかを空けてみると、「メリークリスマス!」(ちょっと早かったですが。)といわんばかりにクルマが入っていました。

皆ほっと胸をなでおろしました。次の瞬間に、3日間できなかった作業があることに気づき、早速作業が始まりました。

 

実はUAEではもっとすごいことが起こっていたらしいです。

 

現地でガレージを管理していた人が突然ガレージを捨てて逃げちゃったそうです。(しかもご丁寧にガレージに鍵をかけて)

TLCチームはクルマと機材は搬出後であったため何とか最小限で難は逃れましたが、中にはマシンが出せずUAEまできてスタートラインに立てず終わってしまったチームもあったそうですよ!今でもそのままのガレージは、いろいろなモノを飲み込んだまま砂漠に埋もれていってしまう運命だそうです。後世で発見され世界遺産になるかもしれませんよ!

脱線しましたが、その後はすばらしいクルーの仕事で何とか問題ない状態にクルマを整備できました。ほんと脱帽です。ありがとう!!

2.なかま外れは誰?

今回のドライバー、ナビゲーターです。(最新画像でお届けします。)

このなかで一人だけ他の3人と様子が違っている人がいます。さて誰でしょう?

足元に注目!!

足元がポイント ミツハシDR
足元がポイント ミツハシDR
ちょっと間違えると小島よしお? ミウラNV
ちょっと間違えると小島よしお? ミウラNV
でかっ!腹! ラテDR
でかっ!腹! ラテDR
吉本の坂田ではありません! カタルリNV
吉本の坂田ではありません! カタルリNV

ミツハシDRだけやけにレーシングスーツがピチッとしてませんか?(一人だけ足のゴム部出てるし。)決して三橋DRの不摂生でスーツが小さくなったわけではありません。(ドキッとしたお父さんいるでしょ?晩酌は控えめに。)

実はこれがトラブル第2弾なんですね~。

ミウラNVは当然NVとしてダカールに参戦しますが、社員として事務局担当もこなしています。(ここがTLCの大きな特徴でもあります!)レーシングスーツの発注は彼が担当している業務のひとつです。(自分が着るわけですからね。)

この件に関しましては私だけが独占して取材できた貴重な証言を基にレポートします。

 

私「今回なぜ三橋DRのスーツはあんなにつんつるてんなんですか?」

 

ミウラ「UAEの時に違和感のあったスーツを作りなおそうとして採寸をしました。メーカーさんは「ヌードサイズをお教えいただければジャストフィットを製作します。」と言われて発注しました。」

 

私「そうしたらどうなったんでしょうか?」

 

ミウラ「ヌードサイズのまま製作されちゃいました。(…涙。) 当然小さすぎるので再製作をお願いしました。」

 

私「それは大変でしたね。再製作は間に合うのですか?」

 

ミウラ「スーツ製作は何とかできそうだが、ワッペンの縫いつけは間に合いそうもないのでこちらでつけます。」

 

私「あっ。それで先ほどから一生懸命ワッペンをはがしてるのですね!」

ワッペンをスーツからはがすミウラNV(慣れない手つきで大変そうです!)
ワッペンをスーツからはがすミウラNV(慣れない手つきで大変そうです!)

 

そんなわけで、三橋DRは少し小さめなスーツで取材対応となってしまいました。

その後はどうなるか!? 今後のレポートやHPでの三橋DRのスーツのサイズにも注目してください!

きっとジャストフィットのスーツで飛ばしてくれるでしょう。

 

今回のようなトラブルをもろ共せず、TLCは着々と準備を進めています。応援メッセージよろしくお願いします。

今回はこの辺で。ご意見・ご感想お待ちしております!