Home > ラリー結果詳細一覧 > DAY4

ラリー結果

1号車が連続SSトップを記録。2台は総合順位で部門ワン・ツーを堅持

今日のステージはジャコバッチからネウケンへ。4kmのリエゾン(移動区間)のあと459kmのSS(競技区間)を行い、再び25kmのリエゾンを走ってネウケン市内のスポーツセンターに設けられたビバークに到着するというものだった。SSは前半には岩場があり、その後河渡りも登場。そしてサハラでお馴染みの?ワジ(枯れ川)越えも現れるなど、アフリカを思わせる一日に。4日のステージで総合順位の市販車部門ワン・ツー体制位に浮上したTLCのトヨタ・ランドクルーザー200はこの日も健闘し、1号車(三橋淳/B・カタルリ組)が1本のパンクを喫しながらSSを総合28位/市販車部門1位でフィニッシュ。2号車(N・ジボン/三浦昂組)も途中石に右前輪をヒットしてホイールを破損するトラブルはあったが、総合49位/市販車部門7位/市販車ディーゼルクラス6位でSSを終えた。この結果により総合順位で1号車が総合29位、2号車が34位で市販車部門のワン・ツー体制を堅持した。ネウケン州の州都というネウケンのビバークは激しく砂塵が舞う劣悪な環境。その中でチームはミーティングを行い、市販車部門優勝という目標を全員で再確認した。

車両到着前にビバークで一休みする黒澤メカニック

ネウケンに到着、携帯電話を使う三橋ドライバー

ジボンドライバーから状況を聞く小川エンジニア

ホコリで鼻血が出た小林メカニック

三浦ナビゲーターと打ち合わせる森監督

2号車をジャッキアップする堺メカと黒澤メカ

sponsors
トヨタ自動車株式会社
豊田通商株式会社
株式会社デンソー
株式会社江口巌商店・関西ペイント株式会社
日研総業株式会社
株式会社ニッコー
東京トヨペット株式会社
福岡トヨタ自動車株式会社
株式会社槌屋
アスモ株式会社
新和薬品株式会社
東海興業株式会社
豊臣機工株式会社
株式会社サミット東海
株式会社ジェータックス
Copyrightc 2005-2009 TOYOTA AUTO BODY Co., LTD. All right reserved.