メインメニュー

環境への取り組み

環境取り組みプラン

 トヨタ車体は、従来から環境にやさしいクルマづくりのもとで、自動車および自動車部品の技術・製品開発、工場計画、生産活動における環境保全、省資源活動を重要な柱として位置づけ、事業展開を図ってきました。
 具体的には1993年に第1次環境取り組みプランを策定し、本格的な環境保全活動に着手。その後5年ごとに順次取り組みのレベルアップを図り、2016年3月、第6次「トヨタ車体環境取り組みプラン」を策定し、2016年度から2020年度までの5ヵ年計画を展開します。
環境取り組みプラン

当社がこれから取り組む環境活動について
 (1)低炭素社会の構築
 (2)循環型社会の構築
 (3)環境保全自然共生社会の構築
を第5次プランから引き続き、これらを3大重点テーマとして掲げ、開発・設計、生産の各分野での取り組み項目と、具体的実施事項を策定し、国内・海外連結子会社を含めたオールトヨタ車体で総合的な環境マネジメントを推進していきます。

第6次トヨタ車体環境取り組みプラン
第6次トヨタ車体環境取り組みプランについては、下記よりダウンロードして下さい。
第6次トヨタ車体環境取り組みプラン
新規ウインドウが開きます:Adobe Reader
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要になります。