TEAM LAND CRUISER

Loading...

ABOUT DAKAR RALLY and TLC

ダカールラリー&TLCとは?

Home > ダカールラリー&TLCとは?


世界一過酷なモータースポーツ『ダカールラリー』

TLCがランドクルーザーで挑む『ダカールラリー』。灼熱の砂漠や硬い岩場の連なる山岳地帯など、道なき道を走破するクロスカントリーラリーという競技の一つです。ダカールラリーは、厳しい競技環境や日程、走行距離から、完走率が5割に満たないことも多く、「世界一過酷」と称されます。

『ダカール』の名に宿るプライドと冒険精神

ダカールラリーは、1978年12月、フランスの青年でオートバイレーサーのティエリー・サビーヌの発案により冒険の扉が開かれました。
パリをスタートし、サハラ砂漠を超えて、アフリカ大陸のセネガルの首都ダカールをゴールするルートであったため、『パリ・ダカ』と呼ばれ広く親しまれました。

その後、開催地域の政情不安により、2009年から2019年は南米開催に。そして、2020年には新たな冒険の地を求めて、中東・サウジアラビアでの開催に舞台を移しています。

始まりの場所『パリ・ダカール』から離れた今も、大会名には『ダカール』の名が引き継がれました。その名に「“世界一過酷なラリー”の自負」と「絶え間ない冒険精神」を宿し、尚多くの人々を魅了し続けています。

道なき道が、人を、クルマを鍛える

ダカールラリーは約2週間掛けて開催され、競技区間(スペシャルステージ)の累積走行時間を争います。1日の走行工程(ステージ)の多くは、宿泊地(ビバーク)と競技区間との移動区間(リエゾン)があり、一日の走行距離が約1,000kmに及ぶことも。2020大会の総走行距離は約8,000km。これは、地球一周の約1/5の距離にもなります。


ルートは、ロードブックと呼ばれる指示書で提示されます。指示書と言っても、区間距離と目標物が示された簡易的なもの。四輪の場合は、コ・ドライバーと呼ばれるナビゲーターが同乗しており、ドライバーにルートを指示します。的確にルートを進むためには、ナビゲーターの頭脳と経験、そしてドライバーとの信頼関係が求められます。


ステージを終えたクルマは、消耗して、メカニックの待つビバークへ辿り着きます。ビバークには、明かりを灯した整備用のテントが立ち並び、毎晩最善の状態までクルマを磨き上げます。テントの下は、手元は暗く、足場が悪いことも。その上、サウジアラビアの夜は冷え込みが厳しく、より過酷なものとなりました。メカニックは深夜まで修理を行い、テントで休んだ後は、翌朝早く出発し、次のビバークへ移動し、クルマの帰りを待ちます。

競技の仕組み

ダカールラリーは約10,000㎞の距離を約2週間かけて走破するラリーです。(開催年により距離、日数は若干変動します。)日々スタート地とゴール地が決められており、その行程はステージと呼ばれます。
日々のステージは、リエゾン(移動区間)とSS(競技区間)により構成されています。

SSは競技としてタイム計測がなされます。(下図:赤色部分)この走行タイムにタイムペナルティ(競技規則に違反があった場合のみ)が加算されたものがリザルト(成績)となります。各ステージのリザルトの合計が累計リザルトとなり、最終ステージ終了時点での累計リザルトが最も少ないチームが優勝となります。
また、SSは選手以外(メカニックなど)による車両整備などのアシスタンスは原則禁止されており、トラブルが発生した場合は選手であるドライバーとナビゲーターが協力しあい、対処しなければなりません。

リエゾンはフランス語で移動区間を意味しており、キャンプ地からSSのスタート地点までの移動とSSのゴール地点から次のキャンプ地までの移動区間を指します。移動区間は公道をそのまま使用するため、一般車とともに交通規則を遵守して走行するため、速さを競う区間ではありませんが、到着規定時間が決められており、それを超えるとタイムペナルティが加算されたり、失格となる場合があります。

図: 1ステージの流れ(例:スタート地/サン・フアン → ゴール地/チレシト)

『史上初市販車部門7連覇』をもたらした、ランドクルーザーの強さ

TLCは、1995年の初参戦から25年以上にわたり、ランドクルーザーで市販車部門に参戦しています。市販車部門とは、安全装備の追加などラリー仕様に変更が必要な箇所以外は市販車に近い状態で走行することを前提にした部門です。
TLCが目指すのは、『ランドクルーザーを極限の環境で鍛え、更にタフなクルマへと高めていくこと』。そのこだわりが実を結び、2020大会では、ワン・ツーフィニッシュで市販車部門史上初の7連覇を達成しました。

参戦カテゴリー

ダカールラリーには様々な車両が参戦しています。2輪(バイク)、クアッド(4輪バギー)、4輪(クルマ)、カミオン(トラック)の部門に分けられ、毎年総勢約300台~500台のエントリーがありますが、その完走率は30%~50%程度にとどまります。

4輪部門 市販車部門1,000台/年以上生産されている市販車両に規則で定められた安全装置(ロールケージ等)を装備した車両。エンジンや駆動系の主要部品については、競技中の交換が禁止される。*TLCは市販車部門ディーゼルクラス ディーゼルクラス
  Cクラス
(ディーゼル、ガソリンそれぞれのクラスでFIA公認(*1)期限を過ぎた車両)
 
ガソリンクラス
改造車部門ラリー参戦を目的として改造された車両。ラリー専用に作られたプロトタイプ車両も含まれる。 ディーゼルクラス
ガソリンクラス
2WD(2輪駆動)クラス
2輪部門 オフロードバイクのカテゴリー
クアッド部門 4輪バギーのカテゴリー
カミオン部門 トラックのカテゴリー

*1) FIA公認とは
市販車部門にエントリーするためには、国際自動車連盟(FIA)による市販車としての公認を受ける必要があり、公認には期限が設けられる。
ダカールラリーにおいては、公認期間が満了した車両でも、継続してCクラスでの市販車部門エントリーが可能。
(ダカールラリー以外のクロスカントリーラリーの場合、公認期限を過ぎて市販車部門にエントリーすることは認められない場合もある)

会社員ラリードライバーの挑戦

この2020大会での2号車のドライバーは、トヨタ車体の社員 三浦昂でした。
三浦は、社内公募のナビゲーターの座を獲得して経験を積んだのち、ドライバーへの異例の転向を果たしています。
「元々はドライバーになりたかった。2016年にチーム体制の変更が検討議題にあがった際、『僕がやってはダメですか?』と言いました。冷静になってからは、顔面蒼白状態でした。(笑)」と当時を振り返っています。


「ドライバーに転向して特に苦戦したのが、砂丘越えでした。砂丘は、加速して登り、前輪がピークを過ぎて浮いた瞬間にアクセルを抜き前荷重にして、接地した瞬間にアクセルを踏んで越えます。ピークを越える瞬間は視界に空しか見えず恐怖でした。砂丘の稜線は横につながっているので、横の窓を見て感覚がつかめるようになって。少しずつ克服して、今は全く怖くなくなりました。」

目の前の山を一つずつ越え、強くなる三浦はドライバーになって5年。「クルマも、僕も、まだまだ成長できる」と意気込んでいます。会社員ドライバーの奮闘にも、ぜひご注目ください。


TLCは、ランドクルーザーの性能を最大に活かした走りを追い求め、挑戦を続けます。